インプラントの持ちは

インプラントの寿命について

インプラントは長持ちするのか

インプラントは自分の歯のような自然な美しさを取り戻すことができ、自分の歯と同じように噛めるなどたくさんのメリットがあります。長い間使用できる治療法だとも言われていますが、平均的な寿命はどれくらいなのでしょうか。インプラントには寿命というものはありません。丁寧に使っていれば半永久的に使うことができます。人工歯根の素材であるチタンは、摩耗や損傷が少なく、天然の自分の歯がお手入れ次第で半永久的に使えるように、インプラントもお手入れ次第で半永久的に使うことができます。チタン自体が腐ったり、溶けたりする素材ではないからです。ただし、天然の歯と同じように、歯石が着いたり、歯周病で周りの骨が溶けたりすることはあるので、お手入れはしっかりとする必要があります。インプラントの寿命を半永久的に延ばすには、残っている自分の歯をこれ以上減らさないような口腔ケアを心がけ、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらうことが大切です。入れ歯の寿命が平均で4~5年、ブリッジは平均で7~8年だと言われているので、お手入れ次第で半永久的に使えるインプラントの寿命は非常に長いと言えるでしょう。治療は高額ですが、保証がついている医院もありますし、医療控除の対象にもなります。長い目で見ればお得で良い治療法だと言えるでしょう。

↑PAGE TOP