インプラントの寿命は

インプラントの寿命を延ばす為に

インプラントの定期検診

インプラント治療は、歯がなくなった個所の顎骨に人工歯根を埋め込み、その上のアバットメントという支台部分に人工の歯を固定する治療法です。天然の歯のような見た目と自然な噛み心地を手に入れられ、刺激が伝わるため顎の骨が痩せることもないなど、さまざまなメリットがあります。自由診療のため、インプラント治療の費用は高額になりますが、適切なメンテナンスをおこなえば寿命は半永久的にもつため、費用にみあった効果があると言えます。しかし、適切なメンテナンスを怠れば、インプラントの寿命は半永久的どころか短くなることがあります。寿命が短くなる原因として多いのが、歯垢がたまり歯周病のような症状になるもので、インプラント周囲炎と呼ばれています。周囲炎が進行すると、最悪の場合脱落する可能性があります。インプラントを半永久的に使用するためには、毎日の丁寧な歯磨きの他、定期的に歯科医師の検診を受けることが大切です。検診では、口腔内や歯の状態の確認の他、噛み合わせのチェックなどもします。また、歯のクリーニングを行い、歯の汚れや歯垢を落とします。歯磨き指導を受けることもあります。頻度は歯の状態や歯科医師の考え方などによっても異なりますので、担当の医師としっかり相談しましょう。

↑PAGE TOP