しっかり長持ちさせる施術あと

インプラントにもある寿命

インプラントを長く使うポイント

インプラントの寿命は半永久的とされています。ほとんどがチタン製に作られているため、耐久性や耐腐食性に優れており、金属アレルギーもほとんどない状態です。上にかぶせる人口の歯は基本的にセラミックであり、こちらも溶けたり腐食の心配が少ないことからインプラントの寿命は半永久的とされています。ただし、使い方によっては、寿命を短くする場合もあります。最低でも10年間は問題なく機能して当たり前とされていますが、長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要です。インプラントは、歯周病の影響を受けやすいため、歯周病が原因で周りの骨が溶けてしまったり、折れたり割れたりなどの破損の可能性があります。長持ちさせるためのメンテナンスでは、噛み合わせの調整や歯周病ケアのためのクリーニングなどを行います。どれだけ完璧な手術ができた場合でもメンテナンスを怠ればその分だけ寿命を知事ませることになります。長持ちさせるためには、定期的なメンテナンス以外にもしっかりとした歯磨きが必要になります。最低限でも毎日の歯磨きとデンタルフロスを使った歯間の掃除は行うようにします。あわせて、片方だけの歯で噛む癖などを作らないように意識してバランスよく嚙むようにします。

↑PAGE TOP